導入事例19 食品加工機械 食肉スライサー 株式会社なんつね

ホーム > 製品紹介 > 導入事例 > 導入事例19
定量で切るなら
 
NTD-300 リブラ300C
NTD-165 リブラ165C
NTD-300F リブラ300F
NTD-165F リブラ165F
NPS-200PT リブラ
NFP-410PT アテナ
NPC-PT
チルド・フレッシュで切るなら
 
NAS-330S ヘルメスS
NUS-300U ジュピターU
NUS-300 ジュピター
NYL-310V2
NYL-165V2
NS-200
NAS-330A ヘルメスA
NAS-330 ヘルメス
NAS-330E ヘルメスE
NAS-350 ヘルメスL
冷凍で切るなら
 
BOON-360SP ポセイドン
BOON-360EV HERA
BOON-360ECU アレスU
NS-300U クロノス
NF-410U レア-AD
NF-385K
NF-350U レア スマート
NF-280
KOSA-350
色々な食材を斜め・角に切るなら
 
SSN-180 アポロ
NHS-200
NYL-160GS
IKSC-300
A-404FB 斜め切り
NF-280AA 斜斜丸
加工食品を切るなら
 
HBC-2S/B
HB-2SH
YBS-1 チャ〜スラ
GSP-HD・H
HL-II
J-250
HS-360
A-406FB
AF 300 VOL
ミンチ・筋切りするなら
 
MC-22 アルゴス22
MC-32 アルゴス32
MGB-32U
A-32
TCA-22X Butcher mark X
MD-22K
MS-12S/B
STJ-K
S-111
ジャカードH
ジャカードミニ3P
ジャカードミニ NSF
ハム・ソーセージを作るなら
 
CM-21/41
EC-12・EM-20/30
RM-20
DICK-6L/9L/12L/15L
SMX-200/400
CVT-750 マイスター
CS-350U
包装するなら
 
FJ-500XL
VAC-STAR
TURBOVAC
Titan F-800 BOSS
その他の取り扱い製品
《導入事例19 北の大地で九十余年!丸大大金畜産 様》
対談者 丸大大金畜産株式会社 営業本部 技管 松岡 憲男様





対談者
丸大大金畜産株式会社
営業本部 技管 松岡 憲男様

 丸大大金畜産様では、従業員数は120名いらっしゃり、そのうち加工工場では約14〜15名ほどで仕事を行っているのだそうです。
 以前は枝肉のサバキからこちらの加工場で行っていたそうですが、現在はスライス作業から行っており、6〜7割が冷凍の商材を扱っているそうです。
・・・・‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥‥・・・・

北の大地で90年以上続いている老舗業者

北の大地で90年以上続いている老舗業者  信頼が一番!をモットーにウソをつかない商売、一人一人の和を大切にする商売を心がけています。
 直販店でも精肉を販売していますが、食肉卸業も行っています。販売先は様々でお客様の中にはホテルやスーパー関係が多く、特にホテルなどに卸す場合は、多様なニーズにこたえる必要があります。細かい仕事が多いため、効率良く丁寧に行うことができるよう従業員教育に努めています。

 北海道では羊を食べる文化が根付いており、小さい頃から羊を食べているため、羊肉に慣れ親しんでいます。
 食肉卸の種別販売量としては、一番に牛肉、続いて羊肉、そして3番目に豚肉といった構成比になっています。また、札幌の三越に店を構えていますが、輸入羊肉以外の道産サフォーク種も販売しております。

 また、エサなどの研究も行っており、飼料の配合や飼育方法の指導をし、より良い肉が育つよう支援を行っています。

お客様のニーズひとつひとつに対応するハムソーセージ工場

 当時この工場を立ち上げるにあたり、 函館で本格的なハ
ムソーセージ加工技術を学び、この工場を立ち上げました。
 大量生産はできませんが、原料にこだわった商品を作っ
ています。パーツの中でもよりしまり具合や脂が良いもの
を選び使用しています。
 防腐剤などは使わず、そして添加物を極力使わずに
作っているため、賞味期限は短いですが、安心して食べ
ることができるハムソーセージを製造しています。

 ソーセージ、ハム、ベーコンなどすべて
合わせると100種類以上の商品があり、
そのうち1日30〜40種類のハムソーセー
ジを製造します。
 製造量はソーセージ 平均1日あたり
300s、ハム・ベーコンで1日あたり100s
ほどあり、4〜5名で下準備から製造を
行っています。





お客様のニーズひとつひとつに対応するハムソーセージ工場 1台の台車で100s載せることができ、その台車が2台入るスモークハウスが2つあります。
 お客様からうずまきソーセージを作って欲しいですとか、骨付ソーセージが欲しいなど、
様々なリクエストがあり、それらの要望に一つ一つ対応しているため、100種類以上という大変多くの種類を製造しています。
 去年あたりから牛肉を使った商品も試作しており、これからも様々な商品展開をしていきたいと考えています。


なんつねに対して

 アフターサービスなど丁寧に対応してくださっているので助かります。親身になってこちらの要望を聞いてくださいますし。
 今後の要望としては、是非いろいろな情報を持ってきていただきたい。現在機械化していない部分も今後は機械化をしていかなければならないかもしれません。
 そんなときに判断できるような情報は常に耳に入れておきたいと考えていますので、どんな情報でもいいので、教えてほしいですね。