導入事例10 食品加工機械 食肉スライサー 株式会社なんつね

ホーム > 製品紹介 > 導入事例 > 導入事例10
定量で切るなら
 
NTD-300 リブラ300C
NTD-165 リブラ165C
NTD-300F リブラ300F
NTD-165F リブラ165F
NPS-200PT リブラ
NFP-410PT アテナ
NPC-PT
チルド・フレッシュで切るなら
 
NAS-330S ヘルメスS
NUS-300U ジュピターU
NUS-300 ジュピター
NYL-310V2
NYL-165V2
NS-200
NAS-330A ヘルメスA
NAS-330 ヘルメス
NAS-330E ヘルメスE
NAS-350 ヘルメスL
冷凍で切るなら
 
BOON-360SP ポセイドン
BOON-360EV HERA
BOON-360ECU アレスU
NS-300U クロノス
NF-410U レア-AD
NF-385K
NF-350U レア スマート
NF-280
KOSA-350
色々な食材を斜め・角に切るなら
 
SSN-180 アポロ
NHS-200
NYL-160GS
IKSC-300
A-404FB 斜め切り
NF-280AA 斜斜丸
加工食品を切るなら
 
HBC-2S/B
HB-2SH
YBS-1 チャ〜スラ
GSP-HD・H
HL-II
AGS-230
HS-360
A-406FB
AF 300 VOL
ミンチ・筋切りするなら
 
MC-22 アルゴス22
MC-32 アルゴス32
MGB-32U
A-32
TCA-22X Butcher mark X
MD-22K
MS-12S/B
STJ-K
S-111
ジャカードH
ジャカードミニ1P
ジャカードミニ3P
ジャカードミニ NSF
ハム・ソーセージを作るなら
 
CM-21/41
EC-12・EM-20/30
DICK-6L/9L/12L/15L
SMX-200/400
CVT-750 マイスター
CS-350U
包装するなら
 
FJ-500XL
VAC-STAR
TURBOVAC
Titan F-800 BOSS
その他の取り扱い製品

《導入事例10 地元熊本県産が売り! 熊本畜産流通センター様》


株式会社熊本畜産流通センター様 営業部 営業課 課長 出口 修二様

『熊本県産の和牛を新鮮なまま提供したい。』

そう話してくださった出口課長。今回は九州の熊本にある熊本畜産流通センター様にお話を伺ってきました。
主に宅配用のパック商品と、流通センター様の隣にある直売店でのパック商品を行っているそうで、
宅配のパックをするにあたっての注意点など大変勉強になりました。

直売店では熊本県産の和牛や豚肉を販売しており、新鮮さも然る事ながら、
直売店だけあってその種類の多さにおどろきました。
スーパーではなかなか販売していないようなホルモンや、さまざまな部位のお肉などがあり、
お盆の時期になると帰省してきた家族に食べさせるということで、お客様が急増するとか。
熊本に帰ってくるとバーベキューなどで地元熊本県産のものが食べられるというのは
帰省する楽しみが増えて幸せだなぁと感じました。
口コミで広がり、1日100名以上のお客様が来られることもある直売店
 口コミで広がり、1日100名以上のお客様が来られることもある直売店
熊本県産の和牛を使用するのがこだわりだとか。玄関に飾ってあった熊本県産牛の紹介を撮らせて頂きました。
 熊本県産の和牛を使用するのがこだわりだとか。
玄関に飾ってあった熊本県産牛の紹介を撮らせて頂きました。


Q.工場のレイアウトはどのようになっているのでしょうか?
一日の日数パック数は平均5,000〜6,000パックです。工場内のレイアウトでは
1日1万パックできるようライン化をし、レイアウトを組みました。
人数は20名ほどで、稼動時間は平均7時間くらいですね。

また、宅配の場合はアイテムやパック数が毎日変わるので、それに対応できるようにというのも
考慮し工場をレイアウトしました。
冷凍スライサー、生スライサー、チョップカッターを使用しておられました。
 冷凍スライサー、生スライサー、チョップカッターを使用しておられました。

Q.宅配用パックの仕事について教えてください
宅配用のパックをメインにやっており、商品作りから携わっています。
月に一度メニュー会議があり、家族構成などを考えながらメニューの提案を行っています。
そこで1ヶ月のパックする商品も決まってくるのですが、毎日違うアイテムで違う量のパックを行うので、
その日の処理量が変わっても対応できるようにしておくことが大切です。

また、宅配用のパックで一番気をつけていることは、スーパーのようにお客様自身が
選ぶということができないので、すべて均一な商品を作るということです。
お客様も、たまたま手にとった商品が赤身よりも脂身が多いと、がっかりするのではないでしょうか。
そういった点で新鮮なだけではなく、信頼できる商品作りを心がけています。
その一貫として、2000年にISO9001を取得したのですが、それを維持するために
作業場にリーダーを配置したりと工夫をしながら取り組んでいます。

Q.最後に、なんつねに対して一言お願いします
やはり、機械が止まると仕事になりませんので、故障があった場合の対応には評価しております。
故障をしないように定期的にメンテナンスも行っていただいていますしね。
機械の性能も良くなってきましたね。食の安全という面で、機械の清掃を念入りにするのですが、
清掃しやすくなったのが一番良いですね。
これからも、より迅速な対応を期待しています。