導入事例1 食品加工機械 食肉スライサー 株式会社なんつね

ホーム > 製品紹介 > 導入事例 > 導入事例1
定量で切るなら
 
NTD-300 リブラ300C
NTD-165 リブラ165C
NTD-300F リブラ300F
NTD-165F リブラ165F
NPS-200PT リブラ
NFP-410PT アテナ
NPC-PT
チルド・フレッシュで切るなら
 
NAS-330S ヘルメスS
NUS-300U ジュピターU
NUS-300 ジュピター
NYL-310V2
NYL-165V2
NS-200
NAS-330A ヘルメスA
NAS-330 ヘルメス
NAS-330E ヘルメスE
NAS-350 ヘルメスL
冷凍で切るなら
 
BOON-360SP ポセイドン
BOON-360EV HERA
BOON-360ECU アレスU
NS-300U クロノス
NF-410U レア-AD
NF-385K
NF-350U レア スマート
NF-280
KOSA-350
色々な食材を斜め・角に切るなら
 
SSN-180 アポロ
NHS-200
NYL-160GS
IKSC-300
A-404FB 斜め切り
NF-280AA 斜斜丸
加工食品を切るなら
 
HBC-2S/B
HB-2SH
YBS-1 チャ〜スラ
GSP-HD・H
HL-II
AGS-230
HS-360
A-406FB
AF 300 VOL
ミンチ・筋切りするなら
 
MC-22 アルゴス22
MC-32 アルゴス32
MGB-32U
A-32
TCA-22X Butcher mark X
MD-22K
MS-12S/B
STJ-K
S-111
ジャカードH
ジャカードミニ1P
ジャカードミニ3P
ジャカードミニ NSF
ハム・ソーセージを作るなら
 
CM-21/41
EC-12・EM-20/30
DICK-6L/9L/12L/15L
SMX-200/400
CVT-750 マイスター
CS-350U
包装するなら
 
FJ-500XL
VAC-STAR
TURBOVAC
Titan F-800 BOSS
その他の取り扱い製品

《導入事例1 ショウエイフーズ株式会社様NPC−PT導入!》

お客様先 ショウエイフーズ株式会社
大阪府
(食肉加工製造業)

面談者 取締役常務 山田 至亮様
ショウエイフーズ株式会社 取締役常務 山田 至亮様
導入機械 生肉定量スライサー『NPC-PT』

機械での取り扱い商品 豚ローストンカツ用

Q1.なぜ機械を導入しようとお考えになったのですか?
とんかつ加工でのスライス作業では、一枚一枚重量をそろえる必要があり、
誰でもできる作業ではないため、熟練の作業者をたよりに、スライス作業を行っていました。

そのため、その作業者がいない日は、スライス作業をストップするか、
長時間かけてスライス作業を行わなければならないのが大変でした。

また、熟練作業者は作業賃金も高いため、
スライス作業だけの仕事に手をとられるのは効率が良くないと考えていました。
Q2.『NPC-PT』を知ったきっかけは?

東京にある同業の加工会社から生肉を定量する機械が”なんつねさん”にあると
お聞きしたことがきっかけでした。

Q3.商品を購入してから購入に至るまでに不安等はありましたか?
あったとしたらどのようなことか教えてください。
『NPC-PT』の話を最初に聞いたとき、当社で扱っている商品では、
トンカツ用肉のスライス以外では汎用性がないように感じました。

また、予想以上に機械の価格が高かったため、導入してから本当にメリットを出すことが
出来るかどうかという不安がありました。
Q4.その不安はをどのように解決されましたか?
まず、どのような機械か知りたかったため、実機デモをお願いしました。
1本の豚ロースをスライステストしたのですが、熟練作業者が作業していた時間よりも
早く切り終わり、これなら当社のスライス処理量からして、作業人数を減らしても
1日の生産量は十分こなせると感じました。

また、他社と比べてみると、同じような機能を持つ定量スライサーの中で、NPC-PTは
価格が1/3程度ですし、実際の機械を見て、サイズも小さいため、置くスペースを
考えなくても良いと思いました。
Q5.購入する際、最後の《決め手》となったのはどのようなことですか?
デモをしたことで、『NPC-PT』を導入すれば確実に熟練作業者をスライス作業から
他の作業に移行することができるし、作業人数自体を減らすことができると確信できたことです。

また、アフターフォローの面で信頼を置いていたことも決め手のひとつです。
Q6.ご購入後、実際にお使いになられて、どのように作業が変化しましたか?
導入するまでは、熟練者2名、通常作業者2名の計4名で5日間かけてスライス作業を
行っていました。1日7時間稼動しているので、時間にすると140時間もかかっていたんです。
NPC-PTを導入してからは、77時間も時間を短縮することができ、通常作業者3名で
3日間、時間にすると、63時間で作業が終わるようになりました。
熟練作業者にいたっては、全体を把握するトータル管理業務を行えるようになったんです。

また、誰でもスライス作業を行うことができるようになったので、シフト組が大変楽になりました。

その他に、スライスから袋詰めまで以前は個別に行っていたのですが、ライン化することができ、
作業の効率も以前に比べて格段と良くなり、改めてこのスライサーを導入して良かったと
実感しています。
定量スライサー NPC-PT 定量スライサー NPC-PT

定量スライサー NPC-PT の商品説明はこちら