会社沿革 食品加工機械 食肉スライサー 株式会社なんつね

ホーム > 企業情報 > 会社沿革
企業概要
経営理念
社長プロフィール
会社沿革
販売店一覧

■会社沿革


1925年
大正14年
  創業者、南常治郎(初代社長、後に南日常と改名)が大阪市天王寺区勝山通り4丁目に打刃物業を開業。
1929年   「南常」の商標を登録。南常工作所と称し、製品独自の切れ味をもって知られました。
オランタ・バーゲル社の八ム・ベーコン切断機に範を得て、わが国最初の食肉切断機を創作、製造販売を始めました。
1949年   業務の拡大に伴い、南常工作所を南常機械工作所に改称。
1954年   長男、南常男(2代目)が社業を継ぎ、個人企業から脱皮して南常鉄工株式会社を設立しました。
1955年   ハム切り機、ミンチ機、惣菜機の製造および販売を開始しました。
1956年   神戸営業所を開設。
1960年   大阪市生野区巽西足代町に鉄筋コンクリート建の工場を建設し移転しました。
1961年   八ム・ソーセージ加工機械の製造および販売を始めました。
後にベストセラー機となるローラー式肉切機を製造・販売しました。
1962年   金沢営業所を開設。
1964年   名古屋・徳島・岡山・和歌山に営業所を開設。尼崎に出張所を設けました。
大阪府八尾市に加工機専門工場を建設。加工磯部門を移転しました。
1967年   工場拡張のため藤井寺市に現工場を建設着手。第1期工事竣工。八尾工場を閉鎖移転しました。
東京・名古屋・大阪に事業部を創設し地区統轄。
松江営業所を開設。
1969年   藤井寺工場第二期工事竣工。生野本社工場を移転。
新潟営業所・広島営業所・福岡営業所を開設。
1971年   東京事業部を独立し、東京南常商事鰍設立発足。
大阪事業部を独立し、大阪南常商事鰍設立発足。
1972年   名古屋事業部を独立し名古屋南常商事鰍設立発足。
1974年   松山営業所を開設。
1975年   大阪南常商事鰍南常商事鰍ニ改称しました。
1977年   東京・名古屋南常商事鰍南常商事鰍ノ引継ぎ。
1978年   南常商事鰍南常鉄工鰍ノ併合し、生産・販売の一本化を図りました。
12月24日、創業者 会長南日常遷化。(正導院日常上人)
1979年   4月8日、正導院日常上人本葬観自荘の竣工。
棲神道場の開道。
1980年   シカゴ、AMlショー出展。
「全・食・機」設立。
1983年   南常男社長、大阪府知事賞(産業功労賞)を受賞。
1984年   鰍ネんつねを設立。
高速スライサー「ミートロポ」を製造発売する。 
1985年   韓国、永東興産と販売提携。台湾、輝傑貿易有限公司と販売提携。
中国に北京市と合弁で北京南常肉食機械有限公司を設立しました。
香港、中華厨具設備有限公司と販売提携。
1986年   北京南常が生産開始。
1988年   南常男社長、通産省機械情報産業局長賞受賞。
韓国厚地工業とOEM開始。チョップカッター製造発売
1989年   2代目社長、南常男退任、会長に就任。3代目社長に南幸次郎就任。
(創業60周年)
ドイツ・ビゼルパ社と提携強化を確認。フランクフルトlFFAショーに16名視察。
1990年   滑ヨ東なんつねを設立。
1991年   英国AEW社とOEM提携調印。
本社事務所を竣工。
1992年   フランクフルトlFFAショーに南社長以下12名視察。
南常男会長、藍綬褒章受章。
1994年   米国・カルザス社と販売提携。
1995年   北京南常、生産拡大に伴い工場移転。
PL法施行。
1998年   南常男会長、業界功労により勲4等瑞宝章を受章。
1999年   韓国に永東テックと合弁で韓国南常株式会社を設立しました。
2002年   北京南常、業務拡大の為に新工場を建設、移転。
ISO9001認証取得。
2003年   (株)なんつねと(株)関東南常を南常鉄工株式会社に統合し、生産・販売を一本化。
サプライチェーンの最適化に着手。
2005年   株式会社 なんつねに社名変更。上海南常食品機械有限公司を設立。
2007年   アメリカ・シカゴで行われたWorldwide Food Expoに出展。
2008年   株式会社北海道なんつね設立
2009年   創業80周年を迎え記念式典開催
2010年   3代目社長、南幸次郎退任。4代目社長に南常之就任。
2011年   株式会社なんつねと株式会社北海道なんつねは統合しました。
北京南常が中国の合弁先企業から株式を取得し独資となる。
コーポレートロゴを一新。
2015年   7月30日 会長 南日導遷化
2016年   北京南常設立30周年を迎え記念式典を開催